車査定の究極!同時査定について

2週連続台風に見舞われた日本、しかも大切な週末を直撃です。本当に腹立たしいですね。でもしばらく天気は安定しそうで何よりです。今週末は3連休なんで一気に車買い替えプランを進めたいと思います。

車を個人が売るときに一括査定を使う人は増えているみたいですね。下取りに出さないということです。
近頃は「車の査定を短時間で行いたい」、「出来る限り早く売却したい」という理由から、営業マンを複数の会社から同時に呼び出して「同時査定」をする人もいるようです。

同時査定を調べてみると、自宅駐車場やスペースに複数の買取業者を「同日同時刻」に呼び出して、一斉に査定をしてもらうというかなり度胸がいることなのです。この場合、同じ時間に複数の業者に来てもらうことに意味があるので、「ズバット」や「楽天オート」などの一括査定サービスを使うことになります。

ただしこの時、出張査定を依頼するときに「複数の買取業者に同時査定をしてもらいます」と伝えることが重要です。

一方で、この同時査定ですが長所と短所があります。同時査定の長所ですが、

・業者間が競争となるために査定額を釣り上げやすい(高い値段がつく!)
結局は1社、1社会うよりも、同時に一度に会うことにかなりのメリットがあるようです。高く査定してもらいやすくなります。また買取業者側も最初に「同時査定」を告げられると真剣に査定をしようと思います。

・一度に会うので時間の節約になる
一般に車の査定は短くても30分、長くて1時間かかります。3社の買取業者と個別に会うと2時間から3時間は時間をとられます。これが同時査定だと本当に短くて済むので時間の節約になるわけです。

・他の業者がいる手前、手荒な交渉ができなくなる
時々業者の中には「うちに決めてください」と強引に迫ってくる業者がいますが、他業者がいる手前そういった手荒な交渉はなくなります。

一方で同時査定にも短所があります。

・業者同士で価格を事前に決める
つまり談合です。業者同士で買取価格を決めておくわけです。一社が買い取って利益はあとで分配という形ですね。

また複数の業者を相手に交渉になるので度胸も必要になります。

ということで私は度胸がないので同時査定はちょっと難しいかもしれません。